1. HOME
  2. ブログ
  3. 豆知識
  4. 真壁石産地に伝わる石屋の仕事始めを教えて頂きました。

BLOG

ブログ

豆知識

真壁石産地に伝わる石屋の仕事始めを教えて頂きました。

 

平成27年度より4年間の後継者育成事業で

お世話になりました加藤石材さんに於いて

真壁石産地に伝わる仕事始めを教えて頂きました。

 

私の渡辺石材ではおじいちゃんの代で一度廃業したので

そのような風習は有りませんでした。

 

肝心の伝統工芸士試験は令和元年10月に行い、

今年2月に発表予定のため合否はまだ解らないです。

 

   作業内容の説明を受けました   

 

加藤さん(親方)から作業説明を頂きました。

 

七 五 三 と線状にのみで切り跡を付けて

脇に当たり矢を書く(今回は石が大きいので当たりが5輪)

 

例年は目勘(墨付けなどを行わずに勘だけで作業)

で行うらしいのですが、今回は私たち若い衆が

いるので、特別に墨付けしてもらいました。

 

   作業開始   

 

早速 作業開始です。

 

年長者から 加藤さん(親方) 加藤さん

寺西くん 私の順でのみで切り跡を

スジ状につけていき、

約30分くらいで作業が終わり

フォークリフトで石を起こしました。

 

・お供えするものは

 

塩 かつお節 お酒 お塩 石工道具

(石頭 こやすけ 差し金 のみ 墨指し)をお供えし

2礼2拍手1礼を行い、お清めの酒を口に含んで

行事は終了しました。

 

 

   行事で感じた事   

 

普段の仕事中はお墓や灯篭に適さない

石を見分ける事に一生懸命となり、

選別の目で見る事が多いので、

石を祀るという感覚を忘れていたかもしれません。

 

今後は石に生かされている事を

毎年の確認行事として

私達も始めていこうと思いました。

 

今回も貴重な体験をさせて頂いて

少しずつ成長していきたいと考えております。

 

いかがだったでしょうか?

もっと詳しく知りたいなどの要望・ご相談がございましたら
こちらからお問い合わせください。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

渡辺
渡辺
私が代表を務める石材店のホームページです。
ぜひ、ご覧になってください ↓

会社のホームページはこちら

━ラインでもご相談を受け付けております━

友だち追加

━お電話のお問い合わせもお待ちしております。━
☎03-5704-4612

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事