1. HOME
  2. ブログ
  3. 豆知識
  4. 【墓石 彫刻】「サライ彫」についてご説明いたします。

BLOG

ブログ

豆知識

【墓石 彫刻】「サライ彫」についてご説明いたします。

この竿石を見てどのように感じますか?

正面に「南無阿弥陀佛」と彫ってあるけど

何か違いは有るのかな?と思う事でしょう。

それではアップにします、

大きく違いますよ。

   サライ仕上げ   

 

文字の底へ毛筆による流れ目を付ける作業。

人工的にノミで削っているのですが、

これが「サライ仕上げ」です。

関西ではとにかく文字を深く彫る事が

重要であり、必要としません。

しかし「筆の流れを見せる事が良い」とした、

この仕上げ方は関東石工の

特徴とも言えるでしょう。

サライ彫の特徴は以下の通りです。

①文字の底を平らに削る事が出来るので深さを自在に調整出来ます。

 

文字彫の基本は字の幅に対して

半分の深さで彫るため、縦方向は

自然と深くなります。

しかし横を基準より浅目に彫ったり

縦を深く彫ったりする強弱を手作業で

行うため、文字に流れが出るのも

特徴の一つです。

②時間が経つと格好良い

 

文字の底をノミで削っているので、

当たりの強い部分ほど汚れが溜まり、

毛筆に近づいて行きます。

時間が経つほど、味が出る作業です

   使用する道具   

 

この様なエアーツールを使用しています。

極端に柔らかい石は電動微振動の工具も

有るのですが(別業者さんが使用していました)

私達は空圧調整やゴムを巻いて振動を弱くしたり、

微調整しながら彫って行きます。

彫刻に要する日数ですが、東京で主に使用する

和型8寸の竿石正面に原稿作成などは含まずに

約4日ほど掛かります。

   最後にまとめ   

 

初見の見た目には解らないのですが、

良く見ると凄い手間が掛かっている。

「書」にこだわる方はぜひとも、

サライ仕上げをお勧め致します。

いかがだったでしょうか?

もっと詳しく知りたいなどの要望・ご相談がございましたら
こちらからお問い合わせください。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

渡辺
渡辺
私が代表を務める石材店のホームページです。
ぜひ、ご覧になってください ↓

会社のホームページはこちら

━ラインでもご相談を受け付けております━

友だち追加

━お電話のお問い合わせもお待ちしております。━
☎  03-5704-4612
茨城 0296-55-2177

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事