ブログ

【お墓に使用する石】価格の付け方について御説明致します。

 

 

こんにちは、目黒区でお墓の墓石販売をしています、

(有)渡辺信也石材の渡辺です。

 

お墓に使用する石材の金額は

不透明な感じがして解りにくいですよね。

 

石材製品単価(問屋さんが町の石材店さんに卸す価格)

が庵治石(香川県産)は真壁石(茨城県産)の約10倍ほどの

差が有るのですが、信じられますか?

 

 

お墓に掛かる費用の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

お墓に使用する石の金額ってどのように

決められているのでしょうか?

 

解りやすくご説明して行きたいと思います。

 

・大きい原石からの製材率

 

・独特な石目・色

 

・各現場への配送(1番重要です)

 

 

 

 

   大きい原石からの製材率   

 

 

「原石」と呼ばれる状態になるまでに、

ほとんどの石は捨てられてしまうのですが

理由は一言でまとめると

「お墓にふさわしくない」からです。

 

原石として山から採れる確率は真壁石で

開発面積の約30パーセント位で

庵治石は2~3パーセントだそうです。

それから工場で加工をして、さらに絞り込んでいくので

奇跡的な数字になってしまうわけです。

 

真壁石についてはこちら

 

 

 

 

   独特な石目・色   

 

 

上の画像は弊社工場に展示してある

庵治石の8寸角ですが、

最大の特徴は「斑」と呼ばれる独特の石目です。

 

 

戦後 1番高級な石は本小松石でしたが、

昭和50年代頃から、この庵治石が

逆転し日本一高価になったそうです。

 

 

この石目(ふ)が少しでもムラになると

凄く変に見えるので出荷されません。

とにかく希少なんですね。

 

 

 

 

   各現場への配送   

 

 

私はこの点が1番大きいと考えて、

以下に違いをまとめてみたいと思います。

 

①庵治石の配送方法

 

庵治石は例え中国で加工されて

仕上がったものでも、産地に戻して

から出荷するため、陸送費が掛かり

自然と価格が高くなっていきます。

※国内工場の都合で中国に

委託加工はするが、原石は販売していません

 

②真壁石の配送方法

 

真壁石は中国から船で流通しているので、

中国から各港への運搬となります。

中国工場と港の着値で取引出来るため、陸送費が

かからずに、日本全国で同じような

金額で取引き出来てしまうのです。

※原石を中国に販売している為

 

 

 

 

   最後にまとめ   

 

 

真壁石は材質が安定しているため、

流通しやすく、価格もお手頃。

日本で一番使用されている理由が

お分かりになった事でしょう。

 

一方で、庵治石は中国に決定権を与えず、

独自のブランドを確立しながら、

発展していく事でしょう。

 

どちらが正しいという判断は出来ません。

 

真壁石は好きなんだけど、

加工は国内工場という方は

私達にご相談ください。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

もっと詳しく知りたいなどの要望・ご相談がございましたら

こちらからお問い合わせください。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

━私が代表を務める会社です━

 

会社のホームページはこちら

 

 

━ラインでもご相談を受け付けております━

 

友だち追加

 

━お電話のお問い合わせもお待ちしております。━

03-5704-4612

update
ブログバックナンバー
よく読まれているブログ記事

墓石や石の工事に関することなら、石材工事のプロにお任せ下さい。御見積無料です。
まずは、お気軽にご相談下さい。

問合せ
石材加工・卸・お墓の販売
有限会社渡辺石材
東京都目黒区碑文谷1-13-4-101 TEL 03-5704-4612
工場 茨城県桜川市真壁町羽鳥413-2 TEL 0296-55-2177
Copyright (C) watanabesekizai. All RightsReserved. webdesign/LisoCreation
↑Top↑