1. HOME
  2. ブログ
  3. いろんな工事
  4. 古くなったお墓の目地を新しく打ち直しました。

BLOG

ブログ

いろんな工事

古くなったお墓の目地を新しく打ち直しました。

お墓も家と同じように、ある程度の年数で手入れをしてあげると見た目が良く長持ちします。
今回は建ててから25年ほど経過した囲いの目地をセメントからコーキングにする工事を致しましたので手順をご紹介させて頂きます。

コンクリート目地を取り除く

石を切断できる工具(サンダー)でセメントを削り取っていきます。使用できない狭いところは手作業で取り除いていきます。

セメント目地を綺麗に削り取りました。セメント目地を削り取ることでコーキングが入り込む部分を大きく作ります。

きれいに清掃してホコリをとります。

コーキングは接着剤としても使えるほど、強力な粘着力ですが、ホコリに弱いので、念入りにカッターナイフで削り取って、仕上げにブロワーで強風をかけて飛ばします。

コーキング施工

コーキング材はツヤが有るので綺麗にみえますね。
同じ場所で施工前と施工後の写真を撮って来ましたので、ご覧ください。
私の撮影技術が未熟なため見えにくいかもしれませんが・・・

【施工前】

【施工後】

いかがだったでしょうか?

詳しく知りたいなどの要望・ご相談がございましたら、こちらからご相談ください

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

渡辺
渡辺
私が代表を務める石材店のホームページです。
ぜひ、ご覧になってください ↓

会社のホームページはこちら

━ラインでもご相談を受け付けております━

友だち追加

━お電話のお問い合わせもお待ちしております。━
☎  03-5704-4612
茨城 0296-55-2177

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事