ブログ

【お墓の費用】についてご説明致します。

 

 

お墓の費用って解りにくいですよね。

そこで今回はお墓(永代使用料などを除く)

石材店に支払うお墓の内訳を

ご紹介したいと思います。

 

・石材(お墓と納骨室・囲障)費用

・石材の設置作業代

・お墓の文字彫刻費

・基礎工事費用

・古いお墓が有れば解体撤去費用

 

 

 

 

   石材費用   

 

 

山から切り出された原石を工場に持ち込み

加工された墓石に仕上がった状態です。

 

日本の工場で加工すると「やくもの」

といわれる、香箱やすじ蓮華加工・

返り花などが別料金で掛かります。

そのため人件費の安い中国等で

加工をする事が多いようです。

 

石材によって製材率が変わる事から

希少性の有る石は高価になります。

 

 

 

 

   石材の設置作業費   

 

 

製品として仕上がった石材を

墓地へ設置します。

金額の計算方法は

運んでくるトラックから設置現場までの距離や

運搬経路などに加えて、必要な日数・人数・

耐震に必要なステンピンなどが計算されます。

 

 

 

 

   お墓の文字彫刻費   

 

 

お墓の顔ともいえる文字彫刻、綺麗に仕上げたいですよね。

 

お戒名(浄土真宗では法名)を何名分刻むかや

石碑の大きさ・彫るデザインなどによって細かく変わります。

 

とび職の方が好んで彫る「江戸文字」は字幅が太いため、

字を深めに彫るので、比較的に高くなります。

 

その他、特殊な彫りかた「薬研彫り」や「サライ彫り」

をすると少し費用も掛かるでしょう。

 

 

 

 

   基礎工事費用        

 

 

お墓全体を受けて支える場所です、

ここだけは慎重に話しあいましょう。

 

墓地の大きさによってコンクリート・鉄筋

を使用する量が変わるので

それに伴って値段も上がります。

 

もちろん搬出土砂も増えますよね。

 

それから、場所によって1輪車などで搬入が難しい所は

圧送ポンプ車を頼むために値段が上がるのですが、

打ち込みに時間が掛かりすぎる様な場所は

ポンプ車を使用した方がよいでしょう。

 

 

 

 

   古いお墓が有れば解体撤去費用   

 

 

お墓が古くなってしまったので

建て替えを希望している方は必要になります。

 

古い石が2つ~3つ程度しかないお墓は

石材店で持ってくれるかもしれませんが、

墓地の面積や使用している石材の数量・

基礎コンクリートが有るか無いか?

等によって算出されます。

 

 

 

 

   最後のまとめ   

 

 

お墓(石材店に支払うもの)に掛かる

費用の内訳は以上となります。

 

ほとんどが人間の手間なので、

凄く安い価格を提案して来る

業者は怪しんでも良いかもしれませんね。

 

後々のトラブルに巻き込まれても

嫌ですからね。

 

同業者から聞いた話ですが、

激安販売業者の下請けで施工したらしく、

代金が未回収となり、お墓を回収するそうです。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

もっと詳しく知りたいなどの要望・ご相談がございましたら

こちらからお問い合わせください。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

━私が代表を務める会社です━

 

会社のホームページはこちら

 

 

━ラインでもご相談を受け付けております━

 

友だち追加

 

━お電話のお問い合わせもお待ちしております。━

03-5704-4612

update
ブログバックナンバー
よく読まれているブログ記事

墓石や石の工事に関することなら、石材工事のプロにお任せ下さい。御見積無料です。
まずは、お気軽にご相談下さい。

問合せ
石材加工・卸・お墓の販売
有限会社渡辺石材
東京都目黒区碑文谷1-13-4-101 TEL 03-5704-4612
工場 茨城県桜川市真壁町羽鳥413-2 TEL 0296-55-2177
Copyright (C) watanabesekizai. All RightsReserved. webdesign/LisoCreation
↑Top↑