お墓が出来るまでの流れ
私達の作業風景を少し紹介させて頂きます。何か、作業の風景で共感して頂けたら幸いです。
まず、初めに製図です。最近ではCADといってパソコンで図面を作成する事が多いです。
大きい原石を大口径切削機に上げるために大きなフォークリフトで運搬します。
石のねじれ・キズ・オビ・ムラ等をみてから大口径切削機で切ります。
板状になりましたら、中口径切削機で切ります。
石塔など、小さいものはこちらで切ります。
石は、天然物で、こちらの望んだ大きさでは出て来てくれませんので、残りは次回の為に在庫として残して置きます。
#80という粗い番手から9工程をかけて念入りに磨いていきます。
線香用の穴・花立用の穴・耐震用の穴・等様々な大きさや深さに合わせて穴を彫ります。
「やくもの」といわれる手加工です。色々な形に削る事ができます。
様々な工程を終えて出荷待ちとなります。
やっとの思いで取り付け工事です。完成した時は本当にうれしいの一言です。

墓石や石の工事に関することなら、石材工事のプロにお任せ下さい。御見積無料です。
まずは、お気軽にご相談下さい。

問合せ
石材加工・卸・お墓の販売
有限会社渡辺石材
茨城県桜川市真壁町羽鳥413-2 TEL 0296-55-2177 営業時間8:00~17:00 定休日 日曜日
Copyright (C) watanabesekizai. All RightsReserved. webdesign/LisoCreation
↑Top↑