霊園紹介

茨城県つくば市谷田部 真宗大谷派 明超寺 新墓地

総本堂

 

 

明超寺の沿革

桓武天皇の子孫である三浦大介義明の孫「三浦 駿河九郎 左衛門尉 重村(しげむら)」は、

徳治2年(1307年)の宝治合戦に参戦、6月5日早暁、鎌倉の法華堂において、一族郎党と共に自刃。
生き残った実兄「三浦 駿河八郎 左衛門尉 胤村(たねむら)」は、出家した後、京都にて親鸞聖人にであう。
親鸞聖人の本願念仏の教えに帰依した胤村は、「明空(みょうくう)」という法名を賜る。
その後、親族を頼って常陸国に移住。光明寺の開基となる。
晩年、光明寺住職を引退した明空は、谷田部の地に隠居寺を建立。
一族滅亡の年よりちょうど60年(同じ干支)を迎えた1307年に完成した寺を、「明超寺」と名付け、
また亡くなった実弟・重村に「法照坊釋明信」という法名をさずけ、明超寺の開基と定めた。
胤村を本願念仏の道へと導いた、一族を偲んでのことであろう。
それ以来700余年、明超寺は谷田部の念仏道場として、現在もなお在り続けているのである。

 

旧墓地 2件で分けて分譲致します

 

 

新墓地

 

 

寺院墓地の概要

宗派         浄土真宗 大谷派

区画・面積    前幅1,01m×奥1,15m~前幅1,54m×奥行2,7m 8段階ございます

墓地永代使用料   15万円~60万円 8段階ございます

年間墓地管理料   1千円~3,5千円 8段階ございます

水道・電気・庭師・環境整備費等の為、お盆・春秋彼岸・報恩講の付け届け各3000円

本山護持金 5,000円/年です

所在地       茨城県つくば市谷田部2003

墓地施設      駐車場 水屋 

担当石材店     有限会社 渡辺信也石材 電話0296-55-2177

 

お葬式などの祭典、礼拝については真宗大谷派明超寺の教義、作法による事・・・等の

管理規則がございます。お気軽にお問合せ下さい。

霊園紹介バックナンバー

墓石や石の工事に関することなら、石材工事のプロにお任せ下さい。御見積無料です。
まずは、お気軽にご相談下さい。

問合せ
石材加工・卸・お墓の販売
有限会社渡辺石材
茨城県桜川市真壁町羽鳥413-2 TEL 0296-55-2177 営業時間8:00~17:00 定休日 日曜日
Copyright (C) watanabesekizai. All RightsReserved. webdesign/LisoCreation
↑Top↑